[取材] 希望塾 大阪府吹田市 「中学個別指導塾」

- -

大阪吹田市 希望塾

塾長 有本氏の紹介

 

大阪教育大卒。

年齢30代。

酒はのめない。

競馬や麻雀ギャンブル大好き。

データを駆使することに没頭するのが元々好きだった、

データ分析と学習塾経営を結びつけ 吹田市で塾を軌道に乗せる。

 

大阪吹田市の塾事情を知らない方もおられるので 付け加えておくと

「吹田市で なんも知らんと塾を出したら確実につぶれる」

そう言われるほどの 大阪ナンバー1の学習塾の激戦区です。

「大阪にある 小さな東京」という都市伝説は本物かと思われるほど

親御さんから学習塾業者への評価はシビアだ。

要は 塾や学校の情報回るんが速くて正確で みんなが異常に関心ある地域だってこと。

 

吹田市に塾をオープンして4年。

大阪 吹田市で 希望塾の実績と知名度を作ったのは まぎれもなく 有本氏の実力といえよう。

 

[取材] 希望塾 大阪府吹田市 

「中学個別指導塾」 

 

こんにちは 吉田貢三です。

まずは吹田市の希望塾の塾長を任され4年が経ったが これまでの道のりを有本氏に振り返ってもらった。

 

「私は元々 家庭教師で30万円くらい収入があった、楽しかったですよ。

だけど 年齢的にも経済的にも家庭教師一本でやってくには限界あると思いました。

現場で直接教える役から 管理側・経営陣に回りたいと考えるようになったんですね。

本部にその意思を打診したら ”家庭訪問の営業やれ ノウハウを体で学べ” って言われたから

家庭教師をやめて 関西中を回りましたよ、

2年間みっちりね。

そしたらね、本当に 今度新しく塾を出すから塾長やれ って言ってくれましたよ。

安心しましたね。 会社にうまいこと言われてキツイ仕事をやらされただけじゃなかったんだってね(笑)」

 

吹田市の希望塾は山田校と千里山校2つ

場所的に阪大が近いから阪大の講師や名門高の講師をズラリと取り揃えてる。

希望塾の指導スタンスを詳しく聞いてみた。

 

「成績上げるためにはスケジュールの管理ですね。

ほとんどの子が勉強が間に合わず 最後の試験に挑むことになっちゃう。

基本方針は 教えすぎず気付かせる。

勉強の内容もそうだけど、

例えば「定期テスト前の提出物が終わらないならどうしたらいい?」

私のほうから問いかける。

「早めに始める」子供が答えたとしたら

「そうだよね、余裕もって提出物とりかからないとね」

スケジュール管理が大事で それを守れば変わってくってことを子供自身で気付かせること。

そのためにはなんでもやったし、なんでも言いましたよ。」

 

 

希望塾の教室の壁には 子供の点数アップの紙が隙間がないほど敷き詰めて壁に張られてた。

まさに激戦区らしい塾の雰囲気だ。

自分の成長をわかりやすく形で示すことが大切だと有本氏は語る。

 

「やっぱり成績上げないと 結果的に子供が塾やめる事になる、親がやめさせるんですね。

吹田市は 塾の情報持ってる、各親御さんとの連携取れてる方ばかりだから。

もちろん、私は家庭教師時代も長かったし 塾を任されてからも

子供と楽しくやりたいと思ってましたよ、

最初の頃は 楽しい方向を目指そうと目指そうと 

講師がみんなハッピを着て授業したり、有線の音楽流したりとか、ビンゴ大会等のイベントやってましたよ、

授業中も 雑談のほうが多かったですね。

だけど

なんせ、なんせ 吹田市の親御さんが相手ですよ、

成績あげんといかんから方向性変えたんですね

いま言った過程があったからこそ、うまくいったと思ってます」

 

吹田市に希望塾をオープンして4年。

山田校と千里山校2つを車で行き来しながら管理してきた。

 

有本氏のもらってる報酬額を こっそり教えていただいた。

ここでは公開できないが

大阪吹田市という学習塾の激戦区で 

実際に子供の点数を上げ 志望校に受からせ 子供や親たちの信頼を勝ち取り 

希望塾の実績と知名度を作ったことを裏付けるには十分なほどの金額だ。

 

そして2018年 

大阪 城東区の関目にも希望塾を新展開した。

有本氏は そこの管理を当然のように本部から任された。

これからの有本氏の子供を導く手腕には 期待値がみなぎっているといえるだろう。

 

以上

大阪 吹田市にある 希望塾「中学個別指導塾」の取材でした。

 

吉田貢三

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
 

[著者 吉田貢三の紹介]
   
・関西学院大学卒 大阪在住

・【保有資格】宅建士資格。英検準一級。FP2級。シスアド。その他モロモロ

・10代には野球のプロ、タレントの夢に挫折

・大卒後、建設コンサルタント業界に入った

CAD、現場調査、業者や市役所まわりの仕事を数年やって引退。

飲食店の深夜バイトしながら ろくでもない同年代のやつらと酒を飲んで毒を吐く毎日。
「このままじゃダメだ」
大学の頃から続けていた家庭教師の仕事の経験から 講師業で一花咲かせたいと考える。

・現在 大学・予備校・学習塾の講師、家庭教師の仕事をかけもちでこなす。
 

・吉田氏は 講師業を以下のように捉えている

「講師業は昔と違って
仕事を待ってるだけ、仕事くれる人に従ってるだけじゃダメだと考えてます、
知られなきゃ終わり、見られなきゃ終わり、
仕事をもらって いつもどおり単にこなして自己満足して給料もらってるだけじゃ
そこらへんの平凡な講師と同じになって埋もれるだけですよ。
講師業に限らず ネットで自分をアピールして 全国のたくさんの人たちに知られるため がんばってる他人をSNSでよく見ます。
テレビや媒体の人間ではなく 一個人がですよ、
それを見て 僕は素直にうらやましいと思うんですよ。
でも
たいがいの人は ネットで目立ってる人、がんばってる人を見てモンク言うだけで
結局普通の人生で年取るだけなんですよね?
僕は そんなの絶対に嫌ですね」

  ・集団指導の講義の仕事依頼募集のほか、

学習塾、中学校、高校、大学、その他スクールへの講演依頼も募集中

※もちろん 関西圏以外でも相談可能
 
→ 吉田貢三への仕事の依頼・相談・問い合わせはこちらから
 
 
[吉田貢三のサイト紹介]
 
僕のツイッターをフォローしてください!(^O^)
→ よしだこうぞうのツイッター
 
フェイスブックやってる人は 友達申請待ってます!(^O^)
→ よしだこうぞうのフェイスブック

  → 予備校講師 吉田貢三の公式ブログへ行く!