【大阪実際の話】1年浪人したら本当に志望有名大学に合格するのか? 家庭教師と独学の違いとは?

どうも よしだこうぞうです。

【俺が関西大学に受からせた高3の男子の話 】

仮に青木君としよう。

家庭教師で教えて 見事に関西大学に受からせました。

おれとしたら?

「よーしよしよし こんな奴を合格させるとは さすが俺や」

が、

青木君はこういった。

「俺のやりたいこと違うから 関大いらんわ、

英語の道に強いあの大学行くため もう一年勉強するわ」

もちろん、止めましたが 聞きませんでした。

親にも とめてもらうようキツクいいましたが

それでも青木君の意志は固かった。

で、

一年浪人生活した後

気になった俺が電話したら

「落ちました」とさ。

ーーー

青木君は一年間何やってたか?

もちろん、バイトも何もせず 受験勉強だけ。

もしかしたら こう考えてる子供や親がいるかもしれない。

「去年より今年のほうが 実力上がってるに決まってる」

「勉強した量が多いんだから」

大きな間違いだ。

ーーー

高3のときと 高卒のときの生活は何がちがう?

友達は 同じ立ち位置にいないのだ。

そう、

大学受験浪人とは 完全孤独を意味するのだ。

仮に 予備校に80万払って 子供が通学しても 孤独は変わらないのだ。

19歳、20歳ってのは

学習スキルの前に

自分の立ち位置を人と比べて

心が歪んでくるから うまくいかないんです。

ーーー
しかし、しかしだ。

これをあなたがみてるということは

すでに浪人してるということ、

すでに 問題は発生してると感じてるから

俺の記事をみてるわけだ。

完全に解決する手段は?

続きは下記のリンク先からどうぞ

【大阪】浪人生の子供に家庭教師をつけて朝・昼に勉強させて大学に受からせたい母へ

【大阪の高校生】家庭教師を呼ぶ!吉田貢三先生 #個人契約 
大阪限定 高校生の大学受験の家庭教師 予備校講師 吉田貢三が あなたの自宅にやってきます)^o^( 予備校・塾の集団指導や個別指導ではなく 自宅学...

以上

予備校講師 吉田貢三


【大阪の人で よしだこうぞうに教えてもらいたい人は 下記を押してね)^o^( 】

→[高校3年生の 関関同立に合格するための家庭教師]
---

[著者 吉田貢三の紹介]


・関西学院大学卒 大阪在住

・【保有資格】宅建士資格。英検準一級。FP2級。シスアド。その他モロモロ

・10代には野球のプロ、タレントの夢に挫折

・大卒後、建設コンサルタント業界に入った

CAD、現場調査、業者や市役所まわりの仕事を数年やって引退。

飲食店の深夜バイトしながら ろくでもない同年代のやつらと酒を飲んで毒を吐く毎日。

「このままじゃダメだ」

大学の頃から続けていた家庭教師の仕事の経験から 講師業で一花咲かせたいと考える。

・現在 大学・予備校・学習塾の講師、家庭教師の仕事をかけもちでこなす。




集団指導の講義の仕事依頼募集のほか、

学習塾、中学校、高校、大学、その他スクールへの講演依頼も募集中

気軽に声をかけてくださいね(^O^)
※もちろん 関西圏以外でも相談可能


→ 吉田貢三への仕事の依頼・相談・問い合わせはこちらから

 
[吉田貢三のサイト紹介]



フェイスブックやってる? 友達申請待ってるで!(^O^)
→ よしだこうぞうのフェイスブック

→ 予備校講師 吉田貢三の公式ブログへ行く!