資格試験に合格した後の道。 法律事務所で働くとか 独立して事務所出したいとかではなく 受験生を教える仕事を個人で一人でできる方法、やり方 [社労士 税理士 公認会計士 司法書士 公務員試験]

資格試験に合格したけど 取った資格が収入の役に立ってないあなたへ緊急速報!

講師業の仕事があなたにも 今すぐできる! 今日からできる!

夢みたいな話が ここでは実現可能ですよ!

 

対象者

資格試験に合格してること。

資格の名前は 社労士 税理士 司法書士 公認会計士 公務員試験

なんでもいい

現在あなたが 資格にまったく関係ない仕事をしててもいい、

 

というより

専門でやってるより そっちのほうがいい。

あなたが住んでる場所もどこでもいい。

なぜなら

あなたが教える相手が全国どこに住んでても スマホだけで受験生を教える。

そのタイプの「仕事のやり方」を徹底的に私から学べるのが

この 資格試験合格指導 講師の仕事の養成コンサル講座だ。

 

 

はじめまして! 講師業コンサル講座をやってる 寺本考志と申します!)^o^(

 

私のことは後回し後回し(笑)

とにかく先にあなたに知ってもらいたいことは

「私の講座は何を教えてくれるのか? 何ができるようになるのか? 」

そうゆうことが ひじょーーーーにわかりにくいはずだから。

 

なんで?

この講座は 資格試験の受験生を教える仕事、講師業がしたいひとのための講座です。

しかし、

講師になりたい、資格試験合格したから 受験生を教えたい、

と思ってネット検索しても 適切な情報は出てこないはずだ。

 

出てくるのは

予備校や ウサンクサイ業者の 講師募集求人 しかも経験者だけだろう、

そうゆう 「組織で」講師の仕事をやるんではなく

あなた一人で 個人として 受験生を教える仕事です。

 

要は 講師の求人ではない、私があなたを雇う話ではない。

あなたが 個人事業主として

あるいは

言い方を変えれば 今の仕事をやりながら 副業ができるようになる。

 

もちろん、あなたが満足するだけの収入を得られるよう、

そして あなたから教えてもらった受験生も満足するよう、

あなたが自力でそこまでいけるまでの スーパーアシストをするのが私の講座です。

 

言い方を簡単にすれば

 

あなたが どっかの会社に面接いって 講師の仕事をして給料をもらう話でなく

あなたが 今やってる仕事を続けながら 資格受験生をスマホやパソコンで教えて

第二収入が得られる、

そこを私がアシストする、

そうゆう話です。

 

「よくある質問、疑問と私の回答」形式で 講座の内容を解説していきます

 

何度も言いますが

そもそも 「資格試験の受験生を教える仕事」「講師業が一人でできる」「収入が入る」

わかりにくいですよね?(笑)

要は

いまから おおまかな講座内容は言っていきますが

ここのページだけでは 完全理解はできないものだと思ってください。

 

だから?

「興味がある!」

「これを待ってた!」

「ぜひ今からやりたい!」

そう思ってる人は

アンケートに答えていただければ さらに詳しい「一人講師業のやり方」情報をお送りします。

一番下にリンクがあります。

 

じゃ さっそく始めていきましょう!)^o^(

 

「よくある質問、疑問と私の回答」

 

 

※ 講座とか指導料金とか そうゆう単語が出てきますが

私の講師業の仕事養成コンサル講座と あなたがやることになる講座 二つの意味が出てくるので 注意してください。

 

Q1 社労士試験に受かりました 講師養成講座を受けたら 受験生一人から いくらの指導料金がもらえる仕事ができる話なんでしょうか?

 

うむ、気になるでしょうね。

 

「受験指導の講座料金を決定する場合のポイント」

 

1 教える期間、時期

(1年まるまるの場合とか、試験前だけの場合とか)

 

2 予備校、通信講座の相場

(誰でも簡単に取れる ヌルイ資格試験の場合に 高い料金にしてもしょーがない)

 

3 指導の内容

(基本的に ネットや通信手段だけで教える仕事。

たとえば あなたが東京、埼玉 神奈川に住んでれば ネットだけでなく 目の前でも教えてほしいと必ず言われます)

 

4 教えた経験

一回も資格受験生を教えたことがない? それはどうでもいい。

アカの他人としゃべる仕事、営業方面 交渉方面の仕事の経験よりも

人に知識や理屈を教えることが好き、夢中、必死になれるかどうかです)

 

まあ この4つがポイントになる。

私の場合は 自分がほしい金額に設定してる。

なぜなら

金額がいくらになろうが もらう金以上のステキなサムシングを

どんな相手にでも提供できるだけの経験と実力が私にはあるから。

 

そんな私から なにもかも全部 ホントのことを教えてもらえるなら

あなたが 単に資格試験に受かっただけで 一回もアカの他人に勉強法、合格法を教えたことがなくても

なんら問題ないってことです。

 

「超簡単な 副収入シミュレーション」

 

仮に あなたが社労士の合格者であり、本日 私に100万円払ったとしましょう。

で、

社労士試験合格講座をネットのページで作り

受験生一人10万円で教えますって仕事を作ったとしよう。

10人来たら 私に払った100万が回収できて

そっから 11人目からは あなたの取り分、報酬になる。

そうゆう話です。

 

「寺本から教えてもらえる内容」

・ネットのページに なんて書けば受験生があなたに教えてほしいといってもらえるか?

・問い合わせてきた受験生へのメール返信内容

・申し込んでくれた受験生に どうやって教えたら 合格する可能性が高くなるか?

 

 

 

 

 

Q2 個人で受験生を教えるってことは 仕事が終わって空いた時間とか休みの日に教えたらいいってことですか? 受験生とメールや電話でやり取りする時間って決めなきゃいけないんでしょうか?

 

「仕事が終わって空いた時間とか休みの日に教えたらいいってことですか?」

そうですよ、

実際私がそうですから。

本業は ウェブデザイナー、ホームページ作る仕事やってて

それと宅建 行政書士の受験生を教えてます。

(一日中ずっとスマホを触って教えなきゃいけないとか そうゆうことはないんで安心してください)

 

「受験生とメールや電話でやり取りする時間って決めなきゃいけないんでしょうか?」

たとえば

毎週土曜 21時になったら パソコンの前に座って 教えてる受験生もパソコンの前に座らせて

クイックレスポンス(すばやい反応)でメールでやりとりして教える時間を作らなきゃいけないのか?

そうゆう疑問ですよね?

 

資格試験の受験生、勉強する意欲を持ってる人は そんなこと望んでないから安心してください。

あなたも あなたが教える受験生も 縛られずにやれるから ニーズがある、求められてる、

そうゆう仕事が 私の提案してる 一人講師業です。

 

「あなたが受験生を教える手段について」

メールで教えるんじゃなく 実際は 1対1でやりとりできる 「チャットワーク」ってゆう掲示板の中で教えていくことになります。

だから スマホさえあればいい。 難しい知識や問題を解説するときは パソコンでやればいいんです。

 

あとね、

「電話で教える」ってやり方は 特に考えなくてもいいんです。

専門的な知識、問題の解説ってのはね、

電話やったら 死ぬほど伝わりにくいんですわ(笑)

 

たとえばね、

会社法に 譲渡制限会社ってのがある、

「譲渡制限会社で 取締役会設置会社であり、監査役がいる場合」

 

電話ではキツクないですか?

口頭でついていくにはしんどくないですか?

教えられるほうからしたら。

時間ばっかり食うことになるからです。

 

「電話のほうが伝わりそうだから電話で教えたほうがいいのでは?」

そう思って 何千回も失敗してきた私が言ってるから信用してください。

 

「寺本から教えてもらえる内容」

・1対1でやりとりできる 「チャットワーク」ってゆう掲示板の中で どうやって受験生を教えていくのか?

あなたが何の資格試験の合格者だとしても やり方は同じです。

一番相手に伝わる方法、書き方、見せ方を教えます

 

 

 

Q3 司法書士試験に合格しました ですが 法律事務所等で仕事したことがないので実務経験はありません、受験生を教えた経験、大勢の前で話した経験もありませんが それでも講師業ができるんでしょうか?

 

「法律事務所等で仕事したことがないので実務経験がない」

そんなもん、どうでもいい(笑)

あなたの仕事は 他人を資格試験で受からせることです。

 

「受験生を教えた経験、大勢の前で話した経験がない」

要は

アカの他人とメール、電話でやりとりするとか 人間関係を続けていくことが苦手ってことですよね?

心配いりません、

ここの記事を見てる人のほとんどが しゃべる仕事をずっとやってきたワケじゃない人の方が多いからです。

 

ひとつだけ ええこと教えておきます。

勉強教えた人が 資格試験で受かってくれたら

神と呼ばれます(笑)

 

だから?

それを信じて 教えること、受からせることに集中してたら

アカの他人とやりとりするのが苦手とか 人間関係続けるの、めんどくさいとか

そうゆうことは吹っ飛びます。

あなたに教えてほしいってゆう受験生が見つかって教え始めたら

すぐに そうゆうネガティブな感情はなくなるってことです。

 

受験生が 教えてもらう講師、先生を決めるとき

基準にしてるのは 肩書きではない、経験ではない、

 

「有名業者の講師と同じなのか?違うのか?」

「情熱持って指導に取り組んでるか?」

「合格できる、その気にさせてくれるのか?」

「合格以上、資格試験の話以上、そのステキなサムシングはもらえるのか?」

 

そうゆう個性、信念です。

あなたは 講師業の仕事がやりたくて この記事を読んでる。

「教えたい 自分の経験は他人に活きる」 思ってますよね?

思ってない奴が 講師業やりたい、アカの他人を教えたいなんて思わない、

 

単にゼニカネがほしいって思ってるだけなら??

 

アムウェイとか 転売とか アフィリエイトとか

ブログに広告バナー張る仕事(アドセンス)

ユーチューブに動画アップして広告見せる仕事

 

そっちをやるんです。

あなたはそうゆう方向で考えてないですよね?

そうゆうことですよ。

 

 

「寺本から教えてもらえる内容」

・指導未経験、ウブなあなたを アカの他人である受験生に理解してもらう方法、見せ方 響かせ方

 

 

Q4 講師業についてですが アメブロでよく見かける 健康アドバイザーとか ネットビジネスコンサルタントとか 個人でやってる方々と同じようにネットで自分を宣伝して 教える受験生を集めるってことですよね?

毎日ブログを書かなきゃいけないんでしょうか? 顔写真とか個人情報についてどこまで公開すればいいんでしょうか?

 

「ネットで自分を宣伝して 

教える受験生を集める、探すってことですよね?」

そう、そのとおりです。

 

現実の世界を オフラインと呼び、 ネットの世界をオンラインって呼ぶんですが

たいがいの仕事は

オンラインとオフライン、両方がそろってはじめてビジネスになる。

 

しかし、

私があなたに勧めてるのは

ネットで教えてほしい受験生を見つけて ネットやスマホで教えて

オフライン、現実の目の前では教えなくてもいい、

そうゆう仕事の話です。

 

怪しいとか 聞いたことがないとかじゃなく

受験生側が それを望んでるんです。

 

資格の予備校の講師や講座に もはや期待値はない。

「駅前の建物に 週3.4回 仕事終わりに通ってまで教えてもらいたい」

受験生の多くがそう思ってないってことです。

 

どちらかといえば

「気軽にいつでも好きなときに勉強できて 好きなときに質問ができて回答がほしい」

それに答える仕事が 私の提案してる 一人講師業です。

 

大丈夫、

私がすでにやってるから ノウハウは揃ってる。

「どうやって あなたと受験生を結びつけるか?」

「試験前まで ネット、スマホだけでどうやって教えていくか?」

私にできたんやから あなたにもできるってことです。

私の経験則を使ったらね。(笑)

 

 

「個人ビジネスするなら 毎日ブログを書かなきゃいけないのか?」

 

あのね、

難しい話かもしれないが ホームページを持つには ドメイン、アドレスが必要になる。

たとえば

アメブロ、ソネットで新規登録したら あなたにアカウントがもらえる。

その新規で作った アカウント、ドメイン、アドレスってのは

記事の量が少なすぎたら 検索されない、探されないのだ。

だから?

最初のうち 1.2ヶ月は 毎日ブログ、

言い方を変えたら 記事を作らなきゃいけないのだ。

365日 1日1回ネット記事を絶対に書かなきゃ個人ビジネスは成功しないわけではないってこと。

 

「顔写真とか個人情報についてどこまで公開すればいいんでしょうか?」

 

あなたが仮に会社勤め、正社員なら 就業規則で 「副業するな」

あるかもしれない。

その場合は 会社に告白して 「副業やらせてくれ」言うしかない(笑)

 

あと、別問題として

顔写真とか個人情報とか 知られずに 電話でも話さずに

個人ビジネスをネットで「こそっと」やりたい。

そうゆう願望を持ってる方もいるだろう。

 

顔は出す必要はないが

「どこで何をしてる人なのか?」 その部分の個人情報は絶対に公開するしかありません。

 

ところで

「教えるから金くれ」ってビジネスは 継続取引です。

そこらへんで買ってきた

掘り出し物のカメラや スマホのカバーを外国サイトで購入し ヤフオクで転売して

「儲かった儲かった」

そうゆう 「一回こっきりのビジネス」ではないってことを理解してください。

 

もちろん、ここのページで 私があなたに勧めてる

「講師業やるためのコンサル講座」もまったく同じことが言えます。

 

あなたが私に金払って教えてもらいながら 個人ビジネスを今日から開始するってことです。

「ビジネススクールみたいなとこに 半年通って 知識やテクニックを習得し・・」

それが終わってから個人ビジネスを始めるって話じゃなく

「たった今から」 私と二人で始める話です。

資格試験の勉強にたとえたら 理論と実践編を同時に進行するってことです。

 

 

Q5 資格試験の勉強教えて 合格させることについては自信がありますが 問い合わせメールとか 講座について電話で詳しく聞きたいとか希望された場合、ビジネスとしてのやりとりについては とてつもなく自信がないんですが・・・

 

こんな話がある。

「ネイルの専門学校行って、卒業して ネイルサロンに就職して 働き出したが

客とのやりとりは向いてない、ストレスを感じる、

私は ネイルが触りたかったから学校行ってまで この仕事を始めたのに

実際やってみたら 客とのコミュニケーションがメインだということに気づき、仕事を辞めました

 

これ、実話です。

これを上の質問に引きなおしたら?

 

資格試験の勉強教えて 合格させること、

その仕事の中身だけ自信ある、やりたい。

しかし

それにまつわる

講座申込、お金の話とか ビジネス的なやりとり、営業は自信ない。

どうしたらいいか まったくわからん。

こうゆう不安を持ってる人は多いんじゃないだろうか。

 

要は

予備校運営に例えたら

・ネットで宣伝する PC作業をやる人 (または ホームページ製作を外注)

・事務局、事務員(契約書や 受講生管理 講座のレジュメ作り、印刷  講座のDVD焼き)

・外部から招聘した講師(請負でやってる)

・チューター(講座申し込み前や 受講生が相談できる合格者)

・模試を作る 教材を作る 講師ではない合格者である従業員

 

こうやって 仕事が分かれてる、分業になってる。

それをあなた一人で全部やるってこと。

だが、

心配はいらない、

受講生の数が100人になったら ひとりでは無理だけど

10人 20人なら 一人でやれます。

 

というよりね、

そうゆうこと、トータル的な仕事をやりたい!って思ってくれなきゃ この仕事はできないですよ。

「純粋に 受験生を教えることだけがしたい」人は

有名予備校の講師求人に申し込めばいい。

雇われることも 思った報酬をもらえることもないですけど。

 

仮にね、

あなたの役割が 「純粋に 受験生を教えること」だけであり、

ネットであなたが教える受験生を探したり その他モロモロ 全部私がやるってなれば?

あなたは楽かもしれないが

時給換算 1000円、それがあなたの取り分ですよ?

それは 駆け出しの予備校講師も同じです。

嫌ですよね?

そうゆうことですよ。

 

要は?

対価、見返りがデカイから 難しく見えること、トータルで仕事できるようになりましょう、

そこを教えるのが 私の講座です。

 

 

Q6 教材は作らなきゃいけないんでしょうか? ネットで売らなきゃいけないんでしょうか?

 

そりゃそうですよ。

「あなたは どんな解説するんだろ?」

「あなたの教えは 自分に合うのかな?」

受験生は心配ですよ。

 

講座と教材は ツキモノです。

あの!

講座をやるってのは 同時に 教材・記事も渡すってことですからね。

 

だから あなたは パソコンとワードのソフトが必要です。

場合によっては 音声や動画を作ったほうがいいでしょう。

大丈夫、

あなたが作った教材は 私は チェックしますんで。

 

あなたが なんの資格試験の合格者でも大丈夫、

私の能力のほうが上です。

あなたが テキトーに雑に 知識や問題を解説してるなら 私は気づくし、

その知識や問題の内容も 私にはわかりますし、

受験生に どう伝わるか? 何が伝わるか? 進化するのか?

そこまで 読めます。

 

それを言語化して 私があなたに教えること、

すなわち あなたの役にも あなたの教える受験生にも役に立つってことです。

 

 

話は以上です!どうでしたか?

 

「寺本といっしょに何をやるか? 何を教えてもらえるか?」

だいたい理解できたはずです。

だいたいでいいんです。

「完全理解が先なら 実行が1年伸びる」

その危うさを私が知り尽くしてるからです。

 

そして

今のところ、あなたが

「何がしたいのか? 何ができるのか? 将来どうなれば?」

そんなことは明確でなくていいんです。

 

大事なことは

あなたは 難しい資格試験の合格者。

事実は それで十分です。

仮に あなたにとって 楽勝で合格できた資格試験であったとしても

全国には それが合格できなくて苦しんでる人たちがいるんです。

 

自分の合格体験を 言語化し

一人でも多くの困ってる人の役に立ちたいって感情があればいいんです。

 

 

最後に

資格の予備校、塾、二次団体、

そうゆう対抗組織がありながら 受験生があなたを選んでもらえるなんて

そんなことが実現するんだろうか?

 

心配かもしれない、

なんでそんなことを考えるかというと

資格の予備校、塾、二次団体に 期待値があるとあなたが思ってるからだ。

しかし、

事実はそうじゃない。

そんな時代じゃないんです。

 

あなたが私の記事を読んでる一番の理由は

「時代についていきたい、新しいことについていきたい」

そうゆう願望なはずです。

 

私があなたに教えることってのは

資格試験の話なんて 10%です。

ゼニカネ、ビジネス、人の感情・挙動、時代のニーズ・需要の話です。

 

それが

あなたが進化することに必要なこと、

あなたが新しいポジションを取り、新しい生きがいを作ることに必要なんです。

 

話は以上、

後は 寺本の「資格試験合格者 一人講師業養成コンサル講座の料金」がいくらなのか?

それだけですね(笑)

 

次に何をしたらいいかは簡単です。

 

下のリンクを押してくれたら メールフォームのページにいきます。

そこの指示に従って

あなたの自己紹介をしてください。

 

ハッキリいっておきますが

あなたが 私に自己紹介しなければ 1ミリも前に進まないですよ。

 

今日の話を暇つぶしや想像だけで終わらせるのか?

それとも

半信半疑でありながら 実現に向かうのか?

あなたしだいです。

 

おしまい

寺本考志

 

 

→ 講師業やるためのコンサル講座の申込について 相談・質問がした人はこちら!

 

 

 

販売者 寺本 考志
運営統括責任者 寺本 考志
所在地 〒534-0016

大阪府大阪市都島区友渕町3-3-21 中村ビル201

連絡先 Eメール update.color.2013@gmail.com

電話番号 080-5712-3841

※ お問い合わせは

メールフォーム、Eメールにて お願いいたします。

 URL  http://update-color.sakura.ne.jp/
 ご注文方法 まずはメールで問い合わせください。

指導というサービスの性質上

「教える人がどんな人か?」こちらが分かってないのに お金を払ってもらうつもりは1ミリもないからです

本講座は

「業者に金払って 一方的に学ぶこと」と全然違う講座です。

「コミュニケーション、やりとり」あってこその講座だってことを理解してください。

要は あなたに自己紹介してもらわなきゃ 始めることができない講座だってことです。

お支払い方法 銀行振込(前払い)・郵便振替(前払い)
販売価格 講座の内容により異にする
商品引渡し方法と時期 入金後 即日~  (指導終了期間は 人により異にする)
申込の有効期限 14日以内にお願いいたします。

14日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます

返品・返金について 商品に欠陥がある以外は

返金・返品には応じることができません。

表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、

必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

個人情報について お客様にご入力頂きました個人情報は

国が定める個人情報取扱いに関する法令、指針に従い遵守します。

また

ご入力頂きましたメールアドレスへはメールマガジンの配信の他、お客様への御連絡の目的でのみ使用します。

お客様の個人情報を第三者に開示することはございません。

 

 

PAGETOP