大阪府公立高校入試のために 家庭教師が理科社会の勉強のやり方を

家庭教師吉田貢三です!!
早速本題にいきますわ。
大阪公立高校入試最後の肝[理科社会]
勉強法はシンプルですよね。
①知識をインプットする
②問題を解く
③間違えた問題を理解する
④再び解き直す


なんですが、これを子供に説明するだけじゃ動かないって事なんです。
「丸つけってどのタイミングでしたらいいんですか?」
「覚えるやり方ってどうやるんですか?」
「テストの振り返りってどうやるんですか?」
とか、子供にとっては無意識な細かい不明点がいっぱいあるんです。
そーゆーのが勉強を進めるのを妨げてるんだなと。
だから、一つ一つ具体的に目の前で[やり方を見せる]のが大事なんです。
そしたら理科社会楽しくなってくれた生徒が一杯増えました。
オレが大学の時、バイト先の居酒屋の店長に教えてもらった
[やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かじ]
ホンマそうなんすね。
おしまい

高校受験
シェアする
吉田貢三をフォローする
スポンサーリンク
【予備校講師】吉田貢三の資格受験・高校受験・大学受験レポート! 

コメント書き込み