大阪府公立高校入試のために 家庭教師が理科社会の勉強のやり方を

家庭教師吉田貢三です!!
早速本題にいきますわ。
大阪公立高校入試最後の肝[理科社会]
勉強法はシンプルですよね。
①知識をインプットする
②問題を解く
③間違えた問題を理解する
④再び解き直す


なんですが、これを子供に説明するだけじゃ動かないって事なんです。
「丸つけってどのタイミングでしたらいいんですか?」
「覚えるやり方ってどうやるんですか?」
「テストの振り返りってどうやるんですか?」
とか、子供にとっては無意識な細かい不明点がいっぱいあるんです。
そーゆーのが勉強を進めるのを妨げてるんだなと。
だから、一つ一つ具体的に目の前で[やり方を見せる]のが大事なんです。
そしたら理科社会楽しくなってくれた生徒が一杯増えました。
オレが大学の時、バイト先の居酒屋の店長に教えてもらった
[やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かじ]
ホンマそうなんすね。
おしまい


【大阪の人で よしだこうぞうに教えてもらいたい人は 下記を押してね)^o^( 】

→[高校3年生の 関関同立に合格するための家庭教師]
---

[著者 吉田貢三の紹介]


・関西学院大学卒 大阪在住

・【保有資格】宅建士資格。英検準一級。FP2級。シスアド。その他モロモロ

・10代には野球のプロ、タレントの夢に挫折

・大卒後、建設コンサルタント業界に入った

CAD、現場調査、業者や市役所まわりの仕事を数年やって引退。

飲食店の深夜バイトしながら ろくでもない同年代のやつらと酒を飲んで毒を吐く毎日。

「このままじゃダメだ」

大学の頃から続けていた家庭教師の仕事の経験から 講師業で一花咲かせたいと考える。

・現在 大学・予備校・学習塾の講師、家庭教師の仕事をかけもちでこなす。




集団指導の講義の仕事依頼募集のほか、

学習塾、中学校、高校、大学、その他スクールへの講演依頼も募集中

気軽に声をかけてくださいね(^O^)
※もちろん 関西圏以外でも相談可能


→ 吉田貢三への仕事の依頼・相談・問い合わせはこちらから

 
[吉田貢三のサイト紹介]



フェイスブックやってる? 友達申請待ってるで!(^O^)
→ よしだこうぞうのフェイスブック

→ 予備校講師 吉田貢三の公式ブログへ行く!

高校受験
シェアする
吉田貢三をフォローする
スポンサーリンク
【予備校講師】吉田貢三の資格受験・高校受験・大学受験レポート! 

コメント書き込み