【就活失敗】求人募集サイトで探しても 良い仕事がない理由とは?

こんにちは 吉田です。

インディードってゆう 求人の一括検索サイトがある。

タウンワークなどのリクルート系の求人は全部ひっかかる、

さらには

求人募集サイト一覧に載ってない求人、

自社ホームページで単独で社員募集してるサイトまで検索してる。

 

その範囲で ええ仕事があるかないか?」

判断してても 前には進まないことが多いだろう。

なぜなら

求職者は インディード(求人の一括検索サイト)をみんな使ってる、

その中で 仕事の取り合い、イス取りゲームをしてるから。

 

・ええ仕事を探したい、

・ええ求人募集内容の会社に面接してほしい

 

どうするか?

 

派遣会社に登録する

派遣会社まで足を運んで アドバイザーと話せば ネットに出てこない正社員求人を見れる。

(非公開求人)

 

これしかない。

「ネットで検索してる求人募集はいつも同じもんばっかり並んでる、飽きた、ええのがない」

と思うなら

派遣会社に来社して 特有の正社員求人情報をもらうしかないのだ。

 

そもそもなぜ 全国の会社は 求人募集を誰でも見れるようにしてないか?

 

会社は忙しい。

面接してる時間がもったいない。

一回求人出したら 3日で100人の求職者があつまることを忘れてはいけない。

 

だから?

多くの企業は派遣会社に任せてる。

「良い人材があったときだけ 教えて 面接するから」

これが 企業スタンス。

 

この仕組みがわかったら

ネットで手軽に検索できる求人募集の中に いい仕事が少ないことに納得できるだろう。

 

だから?

「本当に良い仕事がしたい、正社員の仕事で」

と思うのなら

派遣会社に来社して 就職アドバイザーに相談するしかないってこと。

 

そこでおすすめなのが DODA。

DODAが取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です

今すぐ下記から登録して アドバイザーと仕事探しを始めましょう)^o^(