20代30代が求人募集サイトで良質求人を速攻で見破る方法とは?#1

- -

こんにちは!吉田です。

20代30代が求人募集サイトで良質求人を速攻で見破る方法とは?#1

連載第一話

僕は 求人募集サイトのことにやたら詳しいです。

なぜなら

求人募集サイトを20年研究してるマニアの人が友達だから。

聞いてもないのに 無駄な知識をいっぱい教わったからなんでも知ってます(笑)

まあ、僕も苦しい時期があったんですよ。

 

今日は

「はたらいく」という求人サイトの材料に語ります。

ここはバイトみたいな募集も 少しだけあるけど

正社員募集がほとんど。

 

求人サイトには更新日がある

はたらいくは週2回。

その更新があった日だけ見たらいいんです。

それが第一のポイントです。

 

で、

更新があった日にネットで はたらいくをみると?

正社員で探してる人なら

誰が見ても止まる、目立つ求人募集が 更新2回に一回は現れる。

 

はたらいくの求人募集に嘘はない、

面接いったら 求人募集内容そのまんまの条件と仕事内容です。

 

ということは?

誰が見ても止まる、目立つ求人募集には

面談希望フォーム送信数が100人以上起こる、

一個の求人募集に 100人以上の求職者が一気に集まる。

 

面接に行ったら?

「50人面接の予定が入ってる」

面接担当者に言われる。

つまり

誰が見ても止まる、目立つ求人募集には

一番最初のほうで 自分が面接してもらわなきゃ もう勝ち目がないってこと。

後から面接になったら 採用確率は下がるってコト。

 

まとめると?

 

求人サイトってのは

求職者がモニターしてる。

ずっと見てる。

何を?

新着求人を、ええ条件の仕事が出現するのをモニターしてるんです。

あなたが新着求人を見て

「コレ いいな」って思ったとしたら

近郊の求職者で あと100人以上は 同じ印象を持つってコトです。

つまり、

求人募集サイトってのは

新着求人の取り合い、

誰が先に 面接官に気にいられるか?

そこで決まる。

 

あなたが会社の面接官なら?

一人目の求職者を面接して気に入ったら?

あとの面接希望者を面接する必要がなくなるってこと。

なぜなら

良質求人募集の採用人数はマックス2名だから。

そうゆうことですよ。

 

はい 以上です。

コツはわかりましたね?(笑)

今すぐ下記の求人サイトに登録して 新着記事をモニターしてくださいね(^O^)

 

ーーー

ーーー

ーーー

 


[著者 吉田貢三の紹介]
   
・関西学院大学卒 大阪在住

・【保有資格】宅建士資格。英検準一級。FP2級。シスアド。その他モロモロ

・10代には野球のプロ、タレントの夢に挫折

・大卒後、建設コンサルタント業界に入った

CAD、現場調査、業者や市役所まわりの仕事を数年やって引退。

飲食店の深夜バイトしながら ろくでもない同年代のやつらと酒を飲んで毒を吐く毎日。
「このままじゃダメだ」
大学の頃から続けていた家庭教師の仕事の経験から 講師業で一花咲かせたいと考える。

・現在 大学・予備校・学習塾の講師、家庭教師の仕事をかけもちでこなす。
 

・吉田氏は 講師業を以下のように捉えている

「講師業は昔と違って
仕事を待ってるだけ、仕事くれる人に従ってるだけじゃダメだと考えてます、
知られなきゃ終わり、見られなきゃ終わり、
仕事をもらって いつもどおり単にこなして自己満足して給料もらってるだけじゃ
そこらへんの平凡な講師と同じになって埋もれるだけですよ。
講師業に限らず ネットで自分をアピールして 全国のたくさんの人たちに知られるため がんばってる他人をSNSでよく見ます。
テレビや媒体の人間ではなく 一個人がですよ、
それを見て 僕は素直にうらやましいと思うんですよ。
でも
たいがいの人は ネットで目立ってる人、がんばってる人を見てモンク言うだけで
結局普通の人生で年取るだけなんですよね?
僕は そんなの絶対に嫌ですね」

  ・集団指導の講義の仕事依頼募集のほか、

学習塾、中学校、高校、大学、その他スクールへの講演依頼も募集中

※もちろん 関西圏以外でも相談可能
 
→ 吉田貢三への仕事の依頼・相談・問い合わせはこちらから
 
 
[吉田貢三のサイト紹介]
 
僕のツイッターをフォローしてください!(^O^)
→ よしだこうぞうのツイッター
 
フェイスブックやってる人は 友達申請待ってます!(^O^)
→ よしだこうぞうのフェイスブック

  → 予備校講師 吉田貢三の公式ブログへ行く!