英検準一級 勉強をやめるきっかけ 合格を諦めるきっかけ

 

どうも!ナニワの熱血講師、吉田です。
気がつけばもうすぐ4月です。
新しい年度に向けて猛烈に勉強していきましょう!
うぉぉぉ!

 

【英検準一級の勉強をやらなくなるきっかけ】

それは
単語が難すぎると感じることから始まる
ボクが初めて英検準一級の過去問(単語選択)を解いた時、唖然としました。
「なんだこりゃ!」と
おそらく皆さんもそうだったと思います。

でも一応英検準一級勉強したるぞって思った位ですから、
それなりには勉強しますよね。

何勉強するかっていったら
最初に25問ある単語選択問題。

 

え?
長文やリスニング、英作文あるのになんで単語選択から手をつけるのかって?
目に見える文章が短いし、さっと終わりそうだからです。

それで解けない、点数取れない。
「どうしよ~」
最初あったはずのやる気が奪われていくんです。
ここまでは全国共通、みんな考える事同じです。

では合格者と不合格者の違いはなんでしょうか?

・不合格者の思考

英検準一級取得者たるもの、
わからない単語があってはいけない!!許せん!!覚えて覚えて覚えまくるのだ!

・合格者の思考

単語ムズいな~、でも結果的に受かったらいい話やから単語選択後回しにして
長文とかリスニング、英作文から点数稼いでくる方法考えよう。
つまり
不合格になる人は準一級を崇高なモノとして扱いすぎ、
プライドが邪魔してる人が大多数だとボクは思います。

準一級受ける、取れてる人は高度な事(すぐ難しい単語頭に出てくる)出来なきゃいけないって思ってしまうんです。

「高度な事出来なきゃ英検準一級取る意味ない!」とさえ思っているのでしょうか。

実際ボクはそう考えてました。
そんな事考えてるから勉強が毎日続かなくなりました。
誤解して欲しくないのは単語を一切勉強しなくてもよいと言ってるのではないということです。

単語を勉強するにいたる童貞。。
いや、道程が合否を分けるという事なのです。
わからない、難しいと思ってる自分を受け入れて受かるために出来る事から始めてみる。
そこからボクは長文と英作文に目をつけ、取り組みを始めて
最終的には単語帳を見る事が苦痛じゃなくなり、
単語選択問題に雑念を持つことなく挑めるようになったのです。

この時期から 気持ちの整理をつけてくださいね(^O^)

 

以上

吉田貢三


【大阪の人で よしだこうぞうに教えてもらいたい人は 下記を押してね)^o^( 】

→[高校3年生の 関関同立に合格するための家庭教師]
---

[著者 吉田貢三の紹介]


・関西学院大学卒 大阪在住

・【保有資格】宅建士資格。英検準一級。FP2級。シスアド。その他モロモロ

・10代には野球のプロ、タレントの夢に挫折

・大卒後、建設コンサルタント業界に入った

CAD、現場調査、業者や市役所まわりの仕事を数年やって引退。

飲食店の深夜バイトしながら ろくでもない同年代のやつらと酒を飲んで毒を吐く毎日。

「このままじゃダメだ」

大学の頃から続けていた家庭教師の仕事の経験から 講師業で一花咲かせたいと考える。

・現在 大学・予備校・学習塾の講師、家庭教師の仕事をかけもちでこなす。

【吉田貢三からメッセージ】

講師業は昔と違って
仕事を待ってるだけ、仕事くれる人に従ってるだけじゃダメだと考えてます。
知られなきゃ終わり、見られなきゃ終わり、
仕事をもらって いつもどおり単にこなして自己満足して給料もらってるだけじゃ
そこらへんの平凡な講師と同じになって埋もれるだけですよ。
講師業に限らず ネットで自分をアピールして 
全国のたくさんの人たちに知られるため がんばってる他人をSNSでよく見ます。
テレビや媒体の人間ではなく 一個人がですよ、
それを見て 僕は素直にうらやましいと思うんですよ。
でも
たいがいの人は ネットで目立ってる人、がんばってる人を見てモンク言うだけで
結局普通の人生で年取るだけなんですよね?
僕は そんなの絶対に嫌ですね。

最後に
僕は 教える仕事で いろんな場所にいきますが
アカの他人だった人に頼られることよりも
そのアカの他人だった人との新しい出会い、
それ自体に喜びを毎日感じてます。

だから何が言いたいのかって?
もしよかったら あなたの元に私を呼んでください。

以上


集団指導の講義の仕事依頼募集のほか、

学習塾、中学校、高校、大学、その他スクールへの講演依頼も募集中

気軽に声をかけてくださいね(^O^)
※もちろん 関西圏以外でも相談可能


→ 吉田貢三への仕事の依頼・相談・問い合わせはこちらから

 
[吉田貢三のサイト紹介]



フェイスブックやってる? 友達申請待ってるで!(^O^)
→ よしだこうぞうのフェイスブック

→ 予備校講師 吉田貢三の公式ブログへ行く!